税理士という存在

税理士税理士はその名が表す通り、国家資格を有する税金関連のスペシャリストです。企業や団体から個人に渡るまで、あらゆる税金関連の相談に対し、適切なアドバイスを届ける、あるいは依頼を受けて代行するなど、資本主義経済社会に於いて欠かせぬ存在です。実際に多くの法人組織では、各社が税理士と二人三脚で、さまざまな税務対策を講じ、顧問弁護士との相互信頼関係を構築しています。ですが私達のプライベート、すなわち家族レベルでの生活に際しては、税理士は別世界の存在と映る傾向が否めません。

一部の高額所得者や、大きな財産を有する個人のみが、税理士の存在を必要とするイメージが根強い傾向が、結果相続税申告など、実は身近な現実問題に対する相談を過ごしてしまう展開に繋がっているとすれば、これは非常に残念な状況です。多くの税理士や所属事務所では、自分達がより身近な存在であり、さまざまな相談相手として活用いただくべき専門職である事を知っていただくべく、積極的に無料相談会を開催するなど、コミュニケーションに尽力しています。特に相続税申告など、計算から申請書式の記載内容の間違いが許されぬ、重要な税金関連の処理に関しては、税理士に相談から正式に依頼する事で、悪意無き誤った申告から結果追徴課税を受けてしまう、残念なリスクを回避する姿勢が望まれます。

参照サイト⇒ソレイユ-無料相続相談会